ブルーエンゼルフィッシュをお迎え

パイロットフィッシュを投入して約4週間。
いよいよ、熱帯魚の本命を購入するためにペットショップへ。

エンゼルフィッシュと決めていたので、エンゼルフィッシュを見せてもらう。
購入可能なのは、5種類くらい。
4000円のプラチナホワイト・エンゼルフィッシュが欲しいと思ったが、初心者には高価である。
ぐっと我慢して、ブルーエンゼル 780円にした。

体長は約25mmから30mmという大きさ。
60cmの水槽なら4匹はいけると教えてもらい、4匹購入。

まずは水合わせ。
1時間位、水槽に袋ごと浮かべる。

一度バケツに袋の中身全部を入れる。
1)バケツの水を1/3程度取り除く
2)チューブとコックを使い、水槽の水を少しずつバケツに投入

1)と2)を1時間位かけて、3・4回繰り返す。

そしてブルーエンゼルフィッシュのみを水槽に投入、バケツの水は入れない。
パイロットフィッシュのゼブラダニオとご対面。

お互いに4匹対4匹、集まって様子を見ている。

ほんとうに混泳大丈夫だろうか?

しばらくは、縄張り争いが続きそう。

アンモニアを測定

パイロットフィッシュを投入して約3週間。

亜硝酸を測ろうと思ったが、久しぶりに箱を開けてみたら、液が蒸発して使い物にならなかった。

しかたなくアンモニアを測っていみる。

0.25mg/l くらいかな。なんとかセーフ。

週末は、本命の熱帯魚を購入する。エンゼルフィッシュにしようと思っている。

エアレーションを追加

やはり、バクテリアの増殖には酸素が必要と考え、エアレーションを追加した。

今持っているストーンを試したが、音がうるさいためエアレーション用のストーンを購入。

いぶきストーンにした。

音が静か。そして泡が細かい。

評判良いのがわかる。

バクテリアが早く増えてほしい。

パイロットフィッシュにエサやり

パイロットフィッシュ投入後、3日が経った。

そろそろエサをあげてもいいかな。

エサは、ペットショップですすめてくれたこれ。

ワイルドフレークプロバイオミニ。

耳かき一杯ほど、少量を投入。

毎朝、1回だけのエサやりを続けてみよう。

水槽のpHを測る

パイロットフィッシュを投入して、水槽を眺めていた。ふと、pHは大丈夫かな?と思った。

「ええっ!」、パイロットフィッシュを買う前に測れよ。なぜ水合わせの時に測らないんだ。と自分を責めた。

pH測った。

ああ、とってもアルカリ。pHは、8.0から8.5というところ。

まずくないですか?ゼブラダニオくんごめんなさい。

大磯砂と龍王石だとこのくらいになるのだろうか。

通常、水槽におけるpHの範囲は以下の通り、

pH 液性
~6.0未満 酸性
6.0以上7.0未満 弱酸性
7.0あたり 中性
7.0以上8.0未満 弱アルカリ性
8.0以上 アルカリ性

ネットで検索するとゼブラダニオは、pH8.0まで大丈夫とある。

ゼブラダニオくん、生き延びてくれ!!

 

パイロットフィッシュ投入

新しい熱帯魚用水槽の設置が終わり、空っぽの水槽を眺めていると寂しい気持ちになる。

このまま1ヶ月放置するという情報をネットで見かけるが、私には我慢できそうもない。

またパイロットフィッシュがいなければ、バクテリアは増えない。

バクテリアが増えなければ、目指すピカピカの水はできないだろう。

あれ?!ピカピカの水を目指しているの? 熱帯魚を飼ってみたいの?

すこし目標がずれている気がするのは置いておく。

パイロットフィッシュを投入したいが、いかんせん今は新型コロナの影響で生体は販売されていない。手に入らない。

よく行くペットショップに電話で相談してみた。

「エサ用の生体は販売している。メダカ、ゼブラダニオはお売りできますよ。」とのこと。

ゼブラダニオ」? 初めて聞いた。

ネットで検索してみると、じょうぶそうな熱帯魚であることがわかった。

パイロットフィッシュは、やはり飼いたいものを選ぶのが良いと思う。

今まで飼っていた「らんちゅう」は、ゆっくりと泳ぐのが好きだった。

今までとは間逆なものを飼ってみたいと思ったのだ。

買い物の帰り道にペットショップへ寄り、4匹

購入。同時にヒーターも新調した。

早速、水合わせ。

まずは、水槽の水に1時間ほど放置。

洗面器に移して、購入時の水は1/3は捨てる。

チューブとコックを使い、30分以上かけて水合わせをした。

無事、パイロットフィッシュを投入。

とにかく、よく泳ぐ。体長約15mm、なんか魚というより虫みたい。

 

水槽の白い濁り

新しく立ち上げた水槽に昨日までは、白い濁りがあった。

今朝、水槽を見たらかなり水が透き通っている。

5月6日の状態

5月8日の状態

これが底面フィルターの威力なのか?!

明日は、パイロットフィッシュを投入したいと思っている。

しかし新型コロナの影響で、どこのペットショップでも生体販売は中止されている。

さて、どうするかなあ。

龍王石を設置

水槽に石を入れたくて龍王石を購入。

もう一度、たわしと歯ブラシで洗う。

 

どうやって置いていいかわからない。

センスが無いなあ。Youtubeで色々な解説を見たがうまく行かない。

例えばこれなんか素晴らしい!

このレベルは無理。

水を一回バケツに退避。半分は新しい水にする。

親石と副石を決めると良いらしい。

それらしく置いてみる。

右が親石、左が副石。あとは適当に置いてみる。奥側に小さい石を置くと遠近感が出るようだ。

そして水を再度、注入。

どうもうまく行かないが、しょうがない。センスがないんだもん。

水はかなり白い。

夜には少しキレイになった。

さらに翌日、白い水はだいぶスッキリ。

しばらくは、このまま水を回す。

水槽リセット

らんちゅうが死んでしまって、空っぽの水槽。

やっと休みになり水槽をリセットした。熱帯魚を飼いたい。グッピーかネオンテトラあたりで熱帯魚入門をしたい。

まずは、水槽と上部フィルターを洗う。

大磯砂を洗う。ザルに取り、米を研ぐ用に洗う。

上部フィルターに入れるサブストラットプロを新しいものに換えた。さっと少し洗う。

水槽をリセットするのに伴い、石を置きたくて龍王石を購入。

たわしと歯ブラシでゴシゴシ洗う。

水槽を元の位置にセット。上部フィルターにサブストラットプロを入れる。

今回、底面フィルターに挑戦することにした。

GEX マルチベースフィルターLを使用。

らんちゅう用の浅いタイプの水槽であるため、底面フィルターのパイプを3cmカットした。

そして底面フィルターに100円ショップで買った洗濯ネットをかぶせた。

砂利を戻した。

厚めに12kgくらい敷き詰める。

ここまで5時間くらいかかり、疲れたので石を置くのは後日にした。

とりあえず水をいれてフィルターを稼働。

夜になると、水はキレイになった。

ああ、腰痛い。いつもながら一日仕事。

石を並べることを「石組み」と言うらしい。

自分にセンスがあると思えないので悩むこと必至。

 

らんちゅう君死す

去年の4月に転覆するようになった。
だがヒーターを購入し、水温を25度にしたら転覆は治った。

安心していたが、去年の7月頃から、泳げなくなり床に横たわっていた。
エサも食べられなくなったが、そこから9ヶ月生きていた。
しかし今朝、息をしていないのを発見。
悲しい。
庭に埋めた。
らんちゅう君を飼い始めたのが2012年9月、約8年間生きた。
いままでありがとう。

合掌。